白蟻駆除業者に聞いてみました!ベイト工法が家庭菜園にオススメなワケ

家庭菜園をしていても安心~安全性の高い施工法~

家庭菜園向けのベイト工法は2種類ある!

3人の業者

ベイト工法は家庭菜園をしている人でも安心してできる白蟻駆除法です。ベイト工法の中にも、「管理型」と「駆除型」の2種類方法があることをご存知でしょうか。この二つには、具体的にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

白蟻駆除業者に聞く“管理型”と“駆除型”の違い

予防に効果的なのが管理型ベイト工法です。(30代/白蟻駆除業者)

白蟻による被害を予防したいなら、管理型ベイト工法がオススメです。管理型ベイト工法は、容器に入れた餌木を白蟻が発生しやすい場所に埋めておき、それをこまめにチェックしながら駆除を行なっていきます。餌木に白蟻が集まってきたら、ベイト剤を入れて死滅させます。この作業を繰り返すことで、白蟻の根絶を図っていきます。

すでに被害に遭っているのであれば駆除型ベイト工法を採用します。(40代/白蟻駆除業者)

駆除型ベイト工法は、すでに白蟻による被害を受けている場合に行なわれるものです。白蟻の被害が発生している場所にそのままベイト剤を置き、白蟻が巣に持ち帰るのを待ちます。巣ごと白蟻を死滅させることができるので、駆除効果は非常に高いといえます。ベイト剤は市販で購入できますが、しっかり根絶させるためには専門知識が必要になりますので、我々白蟻駆除業者にご相談ください。

ベイト工法で白蟻駆除を行なう際は、きちんとその状況に合わせて適切な工法を選ぶことが大事です。しっかり見極めた上で、白蟻駆除を行なうようにしましょう。

家庭菜園の周りを木材で囲っている人は要注意!

家庭菜園をおしゃれにするために、周りに枕木を置いたり木材で囲ったりする人もいるでしょう。しかし、このような木材は白蟻の大好物なので、被害に遭う可能性が高くなってしまうのです。防虫対策をしていても被害に遭う可能性はゼロとはいえませんので、家庭菜園をする際は木材の使用に十分な注意を払う必要があります。家庭菜園で木材を使用する場合は、白蟻駆除業者に相談してみることをオススメします。

TOPボタン