白蟻駆除を依頼する前に知っておきたい!被害に遭いやすい場所とは

家庭菜園をしていても安心~安全性の高い施工法~

白蟻が住宅に及ぼす深刻な影響とは?

自宅で家庭菜園を楽しんでいるときに、白蟻を見つけてしまったらまず住宅へ被害が及んでいないか確認することが大事です。白蟻は住宅に多大な被害を与えてしまうため、しっかり確認しておきましょう。では、白蟻が住宅にもたらす被害とは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

住宅の白蟻被害

住宅の柱は白蟻の被害に遭いやすいポイントとして有名です。柱は住宅を支える重要な部分なので、白蟻にかじられてしまうと衝撃で建物が崩壊してしまう危険性があります。叩くと空洞音がする場合は、白蟻による被害が及んでいる可能性が高いので調査を依頼してみるといいでしょう。
外壁
白蟻は住宅の外壁にも侵入します。侵入経路となるのは、主に外壁のヒビや穴が開いている部分から中に入ってきます。外壁から白蟻が侵入すると、住宅の木材部分や断熱材などをかじり被害がとても大きくなってしまいます。
床下
床下は白蟻が最も発生しやすい場所です。また、被害範囲も広がりやすいため、一刻も早い白蟻駆除が必要になります。特に、水漏れが発生したことのある住宅は床下が湿っていることが多いので、白蟻が住み着きやすい環境になっています。
外周
住宅の外周は、羽アリが多く発見される場所です。羽アリは白蟻が発生する要因となる虫で、日陰や湿った環境が大好きです。住宅によっては外周が日陰になっているところもあるため、雨が降っても乾きにくく羽アリが好む環境を作ってしまうのです。

白蟻駆除業者による調査で早期発見が可能

白蟻駆除業者の中には、ターマトラックという最新の機器を導入しているところが増えてきています。ターマトラックはマイクロウェーブという特殊な電磁波を利用した機器で、目では確認できない白蟻の動きを観察することができるものです。目視では確認不可能な場所の調査や、床下に入れないときの調査、白蟻が発生しやすい場所を徹底的に調査したいときなどに活用すると便利です。

TOPボタン